緊急連絡掲示板

 127日付けの新聞でも報道されましたが、文部科学省から教職員の働き方改革について「残業時間月45時間、年360時間」という指針が出されました。また、文部科学省の指導(平成3029日付通知)を受け、本校では教職員の業務である「子供たちと向き合う時間」を確保し、指導の充実を一層図ってまいります。

 つきましては、平成3141日から市内一斉に、放課後の電話対応について、緊急の場合を除き、午後630分までといたします。ご用の場合は、翌日以降に御連絡いただくようお願い申し上げます。


9月7日(土))、妻沼西中学校 第2回資源回収を実施いたします。保護者の皆様、地域の皆様にはご協力のほどお願いいたします。
 

 

カウンタ

768228  (平成26年5月~)

オンライン状況

オンラインユーザー2人
ログインユーザー0人

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

保護者の方へ


児童生徒の健全育成に係るお願い

 

 下記事項について健全育成の観点から、児童生徒はもとより、各家庭への指導及び徹底をお願いします。
                              


1 埼玉県青少年健全育成条例(第21条)に基づき、深夜(午後11時から翌日の午前4時までの間)に子供を外出させないこと 

2 ゲームセンターやカラオケボックス、インターネットカフェ等への夜間の出入りは、深夜徘徊や無断外泊、いじめ、暴力行為等の非行・問題行動につながるおそれがあるので、子供同士での入店はさせないこと 

3 子供が外出する際には、「誰と、どこへ、帰宅時間はいつか」を必ず確認すること。

4 子供の行動面で心配なことがある場合は、学校または関係機関(熊谷警察署、熊谷児童相談所、市役所こども課等)へ、早期に相談すること


 
「熊谷市の子どもたちはこれが出来ます!」
4つのアクセル3つのブレーキ
早寝早起き朝ごはんに、3減運動で、規則正しく元気で楽しい学校生活を送りましょう。
 

学校教育目標、経営方針、校訓

         平成31年度 学校教育目標及び本年度の経営方針
                                                      熊谷市立妻沼西中学校

学校教育目標

 

 学び、磨き、鍛える   

 

学校経営方針

  本校は、学校教育目標の実現を目指し、全教職員の共通理解と協力体制の下、創意工夫を生かした教育活動を展開していきます。

(1)誰にでもわかる授業をし、確かな学力をつけます。

【専門職としての誇り】

(2)徹底して「かまって」あげます。【健全育成の基本】

(3)いざという時、全員で動きます。【迅速な対応で組織への信頼】

(4)一秒でも早くプロの手へ渡します。【関係機関との連携】

 

めざす学校像

(1)  生徒が夢や希望をもち、「志」もって主体的に活動する学校

(2)  生徒が時を守り、場を清め、礼を正す学校

(3)  保護者や地域から信頼される学校

 

めざす生徒像 

(1)    自ら学ぶ生徒(知力)

くまがやラグビー・オリパラプロジェクトよる教科横断的な学習

②主体的・対話的で深い学びの実現

③「ラウンドシステム」の考えをすべての教科で

④学力学習状況調査の結果を活用した授業改善

 ⑤「学習課題」と「授業の流れ」を明確にした授業実践

 

 (2) 自ら磨く生徒(徳力)

「実生活における「見える化」の実践

・道徳的実践力を養う授業実践

・道徳学年通信の発行

② 体験活動の推進(校外学習、勤労体験学習、社会体験活動)

③ 環境美化活動の充実(黙黙清掃の深化、充実、・緑化活動の推進)

   ④ 不登校の予防と解消及びいじめの根絶

 一人一人に存在感のある学校生活の創造

⑥ 認め合い、支え合う学級づくりの推進

「輝き人」「西風賞(規律)」の表彰

(3) 自ら鍛える生徒(体力)

   ①新体力テストの2回実施  「西風賞(体力)」の表彰

   ②放課後マラソンの実施

   ③生活習慣アンケート(HQCシート)の活用による生活習慣の確立

自主的・自立的な部活動の推進

 

5 校訓

   時を守り 場を清め 礼を正す

 

学びを支援する教職員像

  (1)  専門職である教師

      ・生徒の側に立ち指導し、子供の活動を支援する教師

 (2)  使命感にあふれる教師

・意欲と責任を持ち、自身の課題改善を目指せる教師

  (3)  尊敬される教師

     ・生徒・保護者・地域の視点を謙虚に受け止められる教師

 

  地域の中での学校づくり(連携)

 (1)たよりを通しての情報発信 

 (2)授業公開の実施

 (3)西中すぐメール体制の整備

 (4)学区内小学校との合同研修会による小・中学校の連携

 (5)懇談会・PTA会議・校区連絡会等を通して保護者、地域の情報を収集

 

9 学校研究課題

  「豊かな人間性を育み、自らの生き方を考える生徒の育成」

       ~各教科に活かす道徳教育